0120-979-717

対応時間:平日 09:00~18:00

通信時の暗号強度を教えてください。

SSL 通信時の暗号強度は、通信開始時にWebサーバとWebブラウザの両方が使用できる暗号方法・暗号強度のリストから選択されます。以前は、米国の暗号輸出規制により暗号強度が制限され、米国外で高い暗号強度を利用する為には SGC 証明書が必要でした。しかし現在では、規制が2000年1月に緩和されことにより、極一部の古いサーバをご利用でない限り、通常の証明書でも128ビット以上の高い暗号強度が利用可能です。
また、暗号強度が制限されているIIS4など一部の古いサーバは既にサポートが終了しているので、安全上利用を認めるべきではないと考えています。
上記理由により、弊社ではSGC証明書は特にお取り扱いしておりません。

<128ビット通信が可能な確認済みWebサーバとブラウザの組み合せ>
・Webサーバ:
 Microsoft IIS 4.0 ※1
 Microsoft IIS 5.0 ※2
 Microsoft IIS 6.0
 Microsoft IIS 7.0
 Apache-SSL
 Apache+mod_ssl
 MacOSX(Apache)
 IPlanet Web Server Enterprise Edition 4.0 以降
 Sun Cobalt 550

・ブラウザ:
 NetScape4.7以上
 IE5.5以上
 Mozilla Firefox 0.1以降
 Apple Safari 1.0以降
 Opera 8.0以降
 Java(J2SE) 1.4.2_13、1.4.2_14、5 U8(1.5.0_08)以降
 Mozilla 0.6以降
 Netscape Communicator 4.77以降
 Macintosh Internet Explorer 5.0以降
 AOL 5以降
 Google Chrome 1.0以降

※1 「Service Pack 6a」または「高度暗号化パック」が必要な場合があります(提供元のサポートは終了しています)
※2 「Service Pack 4」または「Windows2000 高度暗号化パック」が必要な場合があります

■ご利用環境が上記にない場合は、 クロストラスト 認証サービス部 (support@xtrust.jp) までお問合せください。